CFD取引を行っている人で、CFDのことはある程度理解していても、税金や確定申告のこととなると、さっぱりわからないという方も少なくないはずです。また、中には取引で利益を得ても、税金を支払わなくてはいけないことさえもしらない人がいると思います。ここではCFD取引における、税金と確定申告について説明してみて下さい。まず、CFD取引でも株やFXと同じように、利益を得た分に関しては確定申告にて税金を納めなければならないでしょう。ここで言う利益とは、期間内に決済注文を済ませて確定した売買益、及び、ロールオーバーによる金利収入くれます。その際の利益の区分は、「雑所得」となり、給与所得などの他の九種類の所得と合算し、1年間の総所得金額を計算します。その際の注意そうはいっても、他の所得と合算する際には、雑所得のマイナスを他の所得と通算することはできないのです。たとえば、CFDで100万円のマイナスが出たからと言って、他の給料などの所得合計から100万円を引くことは出来ない為にす。ただし、雑所得同士ではマイナスは通算して良い事になっている為、一例としては、FXで150万円の利益が出ていれば、雑所得の利益は50万円ということになります。また、雑所得から必要経費が差し引けますので、取引を行うためのパソコンの購入費やインターネット通信費、CFD取引の講習費用などを税務署が必要経費と認めた場合には差し引くようにしましょう。給与所得や退職所得以外の雑所得などの所得合計額が20万円以内だったら、確定申告の必要はありませんよねー